OCA JAPANの想い

Natural makes Happy

自然はあなたを幸せにする

私たちは、技術の進歩により、安く、手軽にいろいろなものを食べられるようになりました。それはチョコレートにおいても同じで、カカオバター以外の植物性油脂を使ったチョコレート菓子が市場であたりまえとなっています。

しかし、OCAのチョコレートは、ベトナム産オーガニックカカオとパームシュガーのみから作られたシンプルなチョコレート。農薬や化学肥料を使わず、ベトナムの肥沃な大地の恵みを、存分に受けたカカオの美味しさが活きています。

私たちOCAは、カカオの栽培はもちろん、その加工工程においても、なるべく自然に、時間を惜しまず、人や地球にやさしい商品をお届けしていきたいと考えております。

top_農園と工場.JPG

OCA誕生のストーリー

OCAのカカオ農園と工場は、ベトナム南部のバリア=ブンタウ省にあります。カカオが栽培できると言われるカカオベルト(赤道を挟んだ北緯20度〜南緯20度の地域)に位置し、メコンデルタの肥沃な土壌、適した気候に恵まれ、上質なカカオが栽培されています。

しかし、以前は良質なカカオ豆を栽培していたのにも関わらず、カカオ農園を辞めてしまう農家さんが後を絶ちませんでした。一生懸命良質なカカオ豆を育てても、十分な収益に繋がらず、自らが育てたカカオの木を切り倒す…そんな悲しい現実がそこにはあったのです。

 

バリア=ブンタウ省は、現OCAベトナム代表のThuの故郷でした。 私たちは、縁あってバリア=ブンタウ省のカカオ農園を訪れ、後に共同創設者となるThanhと出会いました。彼はこの地で20年以上カカオの研究をおこない、ベトナムカカオのパイオニア的な存在です。

彼と出会い、この地のカカオの木の素晴らしさ、そして過酷な農家さんの現状を知り、私たちはここで、農家さんたちと一緒に、このカカオの価値を高め、世界へ広めたいと思いました。 そして、2019年OCAはベトナムで誕生し、その想いをここ日本へ伝えるために、2021年OCA JAPANを設立しました。

ocaのオーガニックチョコレート.jpg

OCAのオーガニックチョコレート

OCAが製造するチョコレートは、香料をはじめ、乳化剤などの添加物は一切使用していません。そのため、カカオ豆そのものがもつ、芳醇でフルーティーな酸味を味わえます。

また、日本の安心・安全の証でもある「有機JAS認証」を取得。農薬を使わず、規格どおりに栽培。さらに、すべての栽培記録をとることも義務付けられており、とても厳しい基準をクリアしています。2021年には、アメリカのほか世界3か国の有機認証も取得しました。